弦長と矢高から円の半径を求める計算。

  

 

ピタゴラス(三平方の定理)を使用して計算をする方法。

 

 

 

 

 

簡単な計算方法として。

弦長50㎜・矢高9㎜とした場合

弦長の半分25

252+92÷(9×2)39.222

25×25+9×9÷(9×2)=39.222

625+81÷1839.222

半径(R)は39.222 

直角三角形の斜辺2を(高さ×2)の数値で割れば半径が出てきます。

 

 

現在、各種関数電卓や35の計算アプリ、R計算、円弧計算

など、スマホ等において簡単に計算はできます。が、基本的な

内容を、自分なりに簡単に(√計算電卓を使用)計算できないか

常に考えています。ラジアンの弧度法と度の角度法を次に表して

行きます。