ポイント  レングス

勘からの脱却

 円とは
2次元ユークリッド空間)上の、ある点Oからの距離が等しい点の集合で出来る曲線の事を言う。
この点Oを中心と呼ぶ。円には、その中心が1つあり、

また1つに限る。

 

ポイントレングスをセットし測定子を測定したいポイントに

当て、センターから距離を測定し、測定された数値を2倍にすると、測定したい径となります。

 

 

 

旋盤加工において、生爪作業は数多く存在します。
 薄物加工、量産品、などに於いて、大きな存在感を表します。
しかしながら生爪を成形するとき、三つ爪チャックの場合、大きな問題が有ります。それは、対角上に測定するポイントが無い事です。
 熟練した作業者が、勘に頼って現物合わせの加工をしていました。

 

 当社でも、生爪による加工が数多く有り、作業者達の勘に頼る作業を少しでも減らし、生爪加工がスムーズに行える様に、測定治具を開発 し、製品化しました。 

生爪内径寸法が、正確に測定できますか?

外径φ126、チャッキン代15㎜ 

もちろん、荒引時にはセンターを押します。


種類:標準品と特別品

標準品 測定長さによって4種類

  LEN-PM90  LEN-P300  LEN-P460  LEN-P700

<製品説明>

内径測定、外形測定、偏心測定ができます。

測定面の長さ1.5ミリ有れば、測定可能です。
 旋盤作業なら芯押し台に、フライス盤ならミーリングチャックに固定をし、

測定物のセンターにセットをすれば、測定開始です。

 LEN-PM90は最小内径φ15からの測定になります。 最小外形はφ18から。 
 LEN-P300はφ300、 LEN-P460はφ470、LEN-P700はφ700測定用です 。

 

特別品 測定長さによって4種類
  LEN-PLM90  LEN-LP300  LEN-LP460  LEN-LP700

<製品説明>
 LEN-LPはセンターに、基準測定子が入るニゲが無い、製品用です。


 

 <使用材料>

本体及びシャフト:プリハードン鋼

         HRC42

測定子の材料:SCM


使用方法

ポイントレングス(長さ測定ジグ)取扱い説明(LEN-300使用)
 展示会用説明装置にて

ドリルチャックの芯は、チャックの芯と同心です。
ポイントレングスのφ12の軸を、ドリルチャックに固定します。
 固定にはチャックハンドルを使用せず、手で軽く締めて下さい。)
 (軸にキズが付かないようにします。)

チャック側へ移動させ、測定したいポイントに、移動測定子を軽く当てます。

ポイントに軽く押し当て、固定ツマミを締め、後方にさげます。

測定基準ピン(右側)の右側面は、チャックのセンターにあります。

 

ノギス測定をします。
円の場合、半径で測定しますので、2倍にし、直径にします。
 写真では、30を指しているので、直径はφ60になります。
 外径測定は移動測定子の径φ6㎜を、測定値から引きます。

 内側の長さの場合は、そのままに読み取ります。 外側からの長さ測定は、移動測定子径φ6㎜を引き、読み取ります。

(注意事項)
●先に有りました様に測定ジグ本体のφ12軸は、チャックに固定する際、手で絞めて下さい。
ハンドル等で絞めると軸にキズが出来、芯ブレになります。
●移動測定子のスライド軸を、左右に回さないで下さい。軸の振れを抑えている部品が破損します。


(参 考)
下爪(マスタージョウ)と上爪(トップジョウ)を離すとき、精度良く製作されているので簡単には
外せません。弊社では、
 爪をチャックから外し、バイスにて行います。
チャックのスクロールの部分の清掃も行います。

バイスに固定します。
ハメアイがきつい場合は、上爪を固定します。

バール(釘抜き)で、左右から少しずつ持ち上げます
●絶対に左右少しずつです。
無理をすると精度良く製作されている爪が傷みます。

200㎜ぐらいのバールでは動かないと思います。精度良く出来ています。
 少しずつ繰り返して外します。
バールを掛ける位置は、真中の飛び出している場所です。

 爪が動くようなら逆さにして、キズ等を起こさないように
優しく行ってください。