簡易 キャンバー測定具 

Simple Camber Measuring Tool   「意匠出願」

 

円弧(R)の大きさを測定します。

規定されている弦長と、測定対象物の円弧に係る矢高を測定し

「矢高・半径(R)換算表」に照らし合わせ、

半径(R)の数値を導きだします。

 

写真1番は大型重機の動力を伝えるユニバーサルジョイント、ベアリングケース部品です。

 製造から年月が経ち交換部品が無い為、制作になりました。

測定が出来る所は問題が有りませんが、黄色矢印部分のRを測定しなければなりません。

高価な測定器を使用するか、大きさを決めてRゲージを、何種類か作成する方法が有りますが。

測定だけに多額な費用と時間を掛けたくは有りません。

写真1

費用・時間を掛けずに測定を

キャンバー測定具は矢高を測定し、「矢高・半径(R)換算表」を使用して

半径R値を求めます。

 

 

測定方法の図

 2番の写真の、黄色矢印のR面の大きさを測定します。

写真2

測定方法

測定物にキャンバー測定具を載せます。弦長25mm。

測定具の弦長の線が、測定物の弦長位置と直角になる様にセットします。

ガタつきが無いように、左手人差し指と中指でしっかりと測定具を抑え、右手で測定具を揺らして、弦長の線と線がぴったりと位置が決まる様にします。

 

 

位置が決まったら、マイクロヘッドの測定端子を、測定物に静かに当てます。

測定端子が測定物当たるとき、測定具を持ち上げようとする力が働きますので

左手の指はしっかりと測定具を抑えて、測定具が持ち上がらないようにします。

測定端子は静かに、ソフトに当てて下さい。

マイクロメーターの数値を読みます。

読み取りメモリ単位は1/100mmです。

 

段になっている所(インロー)がある場合は、測定具の段付きになっている向きで測定をします。

 

 

読み取りメモリ単位が1/100mmなので、弦長の長さによって半径数値1メモリの差が

大きくなる所が有ますので、参考値として載せてあります。

 

弦長の大きさは、

凸R用,15mm・25mm・50mm・100mmの4種類。

 

逆キャンバー用

 

凹R用、25mmが有ります。

(Rの内面)用。

凹測定