ポイントレングス・バーニャータイプ

長さ測定(a point length Vernier type)

 

 

 

対角上に基準点を持たない、通常測定が出来ない円の、半径及び、長さを測定します。

 

 

測定方法

 

本体シャフト①を、旋盤は芯押し台のドリルチャックに、フライスはミーリングチャック等に装着し、基準となるポイントにて、固定します。

注、ドリルチャックの場合、ハンドルできつく締めないでください。

本体シャフトにキズが付き、測定にバラツキが起こります。手にてお願いします。

 

 

本体を前に出し、右側内側ジョウ②を内径のポイントに当てる。

(左側内側ジョウはセンター位置にあります)

測定値を読み取ります。

測定された値を2倍にすると、内径直径になります。

 

 

ポイントレングスバーニャーを、測定しやすい角度に

取り付けて 測定します