果樹の低木化 (枝曲げ金具)

果樹の実を低い位置にて収穫する為に、果樹の枝を下側に曲げます。

 

地面に杭を打ち、枝に紐を結び付けて下げます。

問題1、枝を下に引っ張ると、幹と枝の別れ目の所に亀裂(矢印部分)が入ります。

亀裂を防ぐ(次の図)

亀裂を防ぐ為には幹に沿って支柱を立て、支柱の上の方と枝の根元部分を紐で縛り、上に引っ張り上げます。

 

 

それにより枝の亀裂を防ぎます。

問題点

しかしそれには、支柱と曲げる枝に合わせて杭、紐を多く用意しなければ

なりません。

 

草刈りの時に杭や紐が多く、それらを除けながらの作業で時間が掛かります。

新案

枝を曲げる金具

取り付け方法

金具をセット中や向きを変えるときに、無理やりずらすと樹皮が向ける事が起こります。
その時は、セットし直して下さい。

樹皮が剝けたときには、菌が入らない様にトップジンMペースト(オレンジ色ペースト)を使用します。

沢山の杭や紐を使用せず、金具で枝を曲げるので、草刈りの時に

木の下の周りも何もないのでスムーズに作業が出来ます。

SS400のΦ4㎜丸材を使用しているので、もう少し曲げたいときも

ペンチ等を使用していただければ角度を付けることが出来ます。

(果樹の負担が掛からない程度に)

 

 

従来品も材質が樹脂(プラスチック)の製品が有りますが、

今後のプラスチック問題や日光による劣化等があります。

令和4年1月7日

意匠出願

出願番号 意願2022-179

名称 立木の枝曲げ金具